×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

VASSALについて

メール対戦の流儀



 大してやってないんですが、今までやって得られた、メール対戦の流儀(らしきもの)を書いてみます。

 ただ、流儀といっても程度問題ではあるので、「全部きちんとやらなきゃメール対戦しちゃダメ」というようなものではないと思うのですが、した方がまぁ良いのかなぁとは思われるもの、という事です。

 また、もともと何事も完全は期しがたいものなのですから、プレイ中に色々と「これどうしよう?」という事も発生すると思います。それらはプレイ中の話し合いや他の人に意見を聞くなどして解決されるべきでしょう。




■ゲームを始める前に

・版によるルールの違いや、ルール解釈について事前にすり合わせ。

・最初の数ターンを、オンライン対戦+Skypeでやってその時にすり合わせするのもあり。

・どのタイミングで手番を渡すのが良いかの打ち合わせ。特に退却や、増援の時など。

・プレイ(リプレイ)を公開しても良いかどうか確認。非公開でやりたいという場合(人)も多々考えられるでしょう。

・移動し直しなどを許容するかどうかの確認。「移動させ直しとかOKですよ〜」とか「一度手が離れたらもう移動し直しはできない」とかを、どれくらい厳格にやるか。

・プレイの仕切り直しや投了はどれくらいありかの確認。特に対面(かつ初めてのゲーム)だと最初の1、2ターンで何度も何度も仕切り直す事もありますが、メール対戦だと言いにくい面もあるので事前に「あり」か、あるいは何ターンくらいまではやろうと決めておいた方がいいでしょう。

・助言やアドバイスをした(もらった)方がいいか、基本的になしでやるかの確認。メール対戦だと基本的にアドバイスなしの状態になるのが普通なので、「もう何にも分からないので全部教えて下さい」とか「適宜、軽くアドバイスいただけると嬉しいです」とか「助言なしでよろしく」とか、最初に伝えておいた方がいいです。



■ゲーム中

・(ゆるい対戦の時限定?)退却方向は普通防御側が決めるべき場合が多いが、いちいちそれをlogファイルを送ってやりとりしていると面倒なので、「たぶんここに退却するだ ろう」所に、攻撃側が退却させるというやり方もある。logファイルが送られてきた後防御側が「いや、こっちに退却させたかった」という場合には置き直してよい。しかし真剣勝負の時には、退却方向の選択のためにlogファイルを送った方がよいでしょう。

・ユニットの移動はいっぺんに目的地に動かすよりも、次の経由ヘクスに一度置いて、また次の経由ヘクスに一度置いて……とやると、相手プレイヤーがログを進行させて見ている時に分かりやすい。移動マークがデフォルトで表示されるゲームの場合には好みで。

・チャット窓活用推奨。移動やマーカーを置く際に、相手に一応内容を伝えながらやった方が良いと思われる事に関しては、チャット窓に書いておこなう。 「○○にある第○師団、道路移動します」や、「補給切れマーカーを○○の部隊の上に置いておきます」など。戦闘の際は以下の様な感じ。「○○にある○○の スタックに、まわり3ヘクスから攻撃です。13-4の3-1」《ダイス振り》「DRなので、一応こっちに退却させておきます」

・相手のミス(移動力や戦闘力の数え間違いなど)を見つけたら、一応事後でも報告はした方がいいのじゃないかと思います。そうでないとミスした事自体を知 らずに同じミスを繰り返す可能性があり、それは両者にとって結局良くないでしょう。ミスはどうしても起こるものなので、目くじらを立てるのではなく、 「ゲーム中にミスはどっちにも数回は絶対起きるモノ。でも少なければお互い、より嬉しくはある」という感じでいるのがよいのではないでしょうか。ミスの処 理に関しては、基本的にはスルー、しかし重大な場合には戻ってやり直し?

・相手からlogファイルが返ってくるのはのんびり待つ。最初の時点で、大体何日おきぐらいでと分かっているならその情報はやりとりしておいて、ただし例えば1週間を越えたら「まだかかります」とかのメールを出す様にするとよいでしょう。